ピエロ

期待されるのが怖かった

馬鹿にされることで安心した

傷つきたくなかったから

自分を守るためにピエロを演じた

 

いつのまにか演技ではなくなっていた

メイクを落としたら何も残らない

悲しいピエロの物語だ